TOP » 誰でもカンタン!今人気のダイエットスムージーを一挙紹介 » 代官山レッドスムージー

代官山レッドスムージー

※代官山スムージーは2017年8月31日に閉店しました。

代官山レッドスムージーの特徴

222種の野菜や果物をたっぷり使った健康スムージー

「代官山レッドスムージー」には、第7の栄養素とも呼ばれているファイトケミカルが豊富に含まれています。

トマトを中心とした赤い野菜や果物を取り揃えて配合することにより、ファイトケミカルのひとつであるリコピンやビタミン、カリウム、ポリフェノールなど健康に良い成分が入ったスムージーとなりました。しかも保存料は不使用なので、とても体に優しいスムージーです。健康に良い成分を安全に摂取できる「代官山レッドスムージー」、栄養補給にぴったりですね。

ダイエッターも満足!1食あたりたったの22.5kcal

「代官山レッドスムージー」は、置き換えダイエットにも使いやすいスムージーです。そのカロリーは、たったの22.5kcal。牛乳やヨーグルトで割っても、かなり摂取カロリーは抑えられますね。もちろん、ダイエッター必須の成分である食物繊維も、しっかり配合されていますよ。

すっきり飲みやすいスウィートレモネード味が魅力

「良薬は口に苦し」と言いますが、長く飲み続けるためには、すっきり美味しい方がいいですよね。「代官山レッドスムージー」は、さっぱりとした甘みがあって飲みやすいスウィートレモネード味。発売前に開催された試飲会で好評だった味を商品化したとのことだから、その味には期待できそうですね。

作り方も簡単で、付属のスプーン2~4杯入れるだけで出来上がります。どのくらいの量を入れるかは、お好みでいいので、自分にぴったりの味を見つける楽しみもありますね。

原材料一覧

難消化性デキストリン、還元麦芽糖、デキストリン、トマトパウダー、植物発酵エキス、プランタゴ・オバタ末、トマトリコピンパウダー、増粘剤(増粘多糖類)、クエン酸、甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物)、香料、ビタミンB1(原材料の一部にキウイフルーツ、モモ、リンゴ、ヤマイモ、大豆を含みます)

※公式サイトより引用

代官山レッドスムージーを購入した人の口コミ

  • 子どもと二人で飲んでみました。トマトの風味が強すぎて、私の口にはちょっと合わないかな~…味がちょっと。ヨーグルトに混ぜてみると、そこそこ食べやすいと思いました。でも、子どもは美味しいと言って飲んでいましたよ。(女性40代)
  • 間食がしたくなった時にあると助かります。甘い味が苦手だから、レモネード味はぴったりでした。残念な点は、あまり腹持ちは良くないかなという点です。でも味もいいしあると便利だから、今飲んでいるのが終わったらリピする予定です!(性別年齢不明)
  • トマトの味が強くて、野菜ジュースを飲むような感覚でした。個人的には、もう少しフルーツの味が強い方が好きです。レモンの味は、ちょっと薄いような気がします。他の方のレビューが良いから期待していたけど、今のところリピはないかなと。(女性40代)

栄養管理士が解説した
おすすめスムージーダイエット食品はこちら

基本情報

商品名 代官山レッドスムージー
会社名 GypsophilA (ジプソフィラ)
会社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー27F
価格と容量 2,362円(税込2,551円) 200g
味・フレーバー スウィートレモネード味