スムージーダイエットでヤセ活をはじめよう » はじめる前に!スムージーダイエットの効果を上げる方法 » スムージーは作り置きはNG?

スムージーは作り置きはNG?

グリーンスムージーダイエットでヤセ活を始めたいけど、毎日スムージーを作るのが面倒に思われる方も多いのではないでしょうか?毎日、同じ材料でスムージーを作っていると、「これって、作り置きできないのかな?」「賞味期限はどのくらい?」など、疑問に感じることも。実際に、グリーンスムージーを作り置きしている方もいるのではないでしょうか?しかし、じつはグリーンスムージーの作り置きはNGなのです!この記事では、グリーンスムージーの作り置きがNGな理由から、グリーンスムージーの保存期間(賞味期限)の目安などについて詳しく紹介していきます。

グリーンスムージーの作り置きがNGな理由とは?

グリーンスムージーには生野菜や果物などを使用しているため、酵素が豊富に含まれています。しかし、作り置きにしてしまうと野菜や果物が酸化してしまい、せっかくの酵素が失われてしまうのです。さらに、グリーンスムージーを作ってから時間を置くと、酵素だけではなく、野菜や果物に含まれている栄養素も劣化してしまいます。ただし、作り置きしたグリーンスムージーを飲んでも体に害があるという訳ではありません。しかし、グリーンスムージーを飲むことで得られる酵素や栄養素が失われていたら、飲む意味があまりなくなってしまいます。

見た目も味も落ちてしまう

スムージーを作るときに使う食材によっては、時間が経つと変色や分離が起きることがあります。色が変わってしまったスムージーは見た目がとても良くありませんし、味も落ちてしまいます。

変色しやすい食材は?

スムージーによく使われる中で、特に変色が起きやすい食材はリンゴやバナナです。スムージーにしたとき以外にも、生のリンゴやバナナを切って放置しておくとすぐに色が変わってしまうのは見たことがありますよね。スムージーに加工したときも、それは同じことです。野菜や果物の中でもポリフェノールや酸化酵素が多く含まれているものほど変色しやすいと言われています。

例えばバナナは時間が経つと黒く変色しますから、スムージーも黒っぽい色に変化してしまいます。そうなってしまうと、あまり飲む気になれないというのが正直なところ。せっかく作ったスムージーですから、美味しいうちに飲み切ってしまいたいものですよね。

なぜ、変色してしまうのか

スムージーが変色してしまうのは、「酸化」が原因です。 野菜や果物は剥いたり切ったりすることにより、細胞に含まれるポリフェノールや酸化酵素が空気中に存在する酸素に触れてしまいます。この時に化学反応が起きて変色してしまうのです。リンゴやバナナが変色してしまうのはこれが原因。

変色しにくくするためにはどうしたらいい?

スムージーを作ったとき、野菜や果物が空気に触れている以上酸化を完全に防ぐのは難しいと言えるでしょう。

ですが、レモンの果汁をスムージーに入れると、比較的変色が進むスピードを抑えることができると言われています。これは、レモンの果汁が抗酸化作用をもつビタミンCを多く含むから。レモンを絞っても良いですし、市販のレモン汁を加えてあげても良いでしょう。

ただし、変色しづらいからといってあまり長時間置いておくのはおすすめできません。やはり、作ったスムージーはすぐに飲む、というのは基本中の基本と言えます。

時間が経つと「分離する」という問題も

変色の他にも、スムージーを作った際に起こりがちな「分離」も問題ですよね。ミキサーで粉砕して混ぜたとは言え、材料と水が混ざったものですから、どうしても時間が経つにつれて分離をしてしまいます。ミキサーで粉砕するための時間が短すぎて分離してしまっている可能性もありますが、多くの場合はスムージーを作ってから時間が経ってしまったことが原因です。

分離したスムージーを飲む際には、スプーンで混ぜたりすることで分離していない状態に戻すことはできますが、あまり見た目が良くありません。ですから、できることなら分離する前に飲み切ってしまいたいものです。

グリーンスムージーの保存期間(賞味期限)について

グリーンスムージーを作ってから保存できる期間は、冷蔵庫で大体2~3日程度です。ただし、1日でもスムージーを置いてしまうと栄養素や酵素が失われるのに加え、味も落ちてしまうため、おすすめはできません。グリーンスムージーを美味しく飲みたい場合は、作ってから数時間以内に飲むことをおすすめします。

どうしても作り置きしたい場合は?

どうしてもグリーンスムージーを作り置きしたい場合、1日分であれば作り置きすることができます。翌朝飲む分のスムージーを作り置きするなら、前の晩に作ります。作り置きしたグリーンスムージーは、必ず冷蔵庫で保存するようにしてください。

保存方法は、密閉容器を使用して、なるべく空気に触れないようにするのがポイントです。密閉容器の蓋を閉める前に、一度ラップで蓋をしておくと良いでしょう。また、グリーンスムージーの表面にレモンを絞り入れると、抗酸化作用によって酸化を遅らせることができます。レモンがない場合、食用のクエン酸などでも代用することができます。

しかし、グリーンスムージーを作る際にも、ミキサーのスクリューによって中に空気が入り、酸化してしまうこともあります。できるだけ酸化するのを防ぎたい方は、真空ミキサーを使うのがおすすめです。真空ミキサーを使用すると、グリーンスムージーを作ってから1日経っても作りたてのような新鮮な味わいが楽しめます。

グリーンスムージーの冷凍保存について

グリーンスムージーを冷凍する場合、製氷皿を使用するのがおすすめです。グリーンスムージーを製氷皿に入れて凍らせたら、フリーザーパックに入れて冷凍保存します。冷凍保存する場合の保存期間は、大体2週間程度を目安にしましょう。フリーザーパックは、必ず空気を完全に抜いてから冷凍するのがポイントです。解凍する際は、50℃程度のお湯にフリーザーパックを入れて、湯煎しながら解凍します。50℃以上のお湯で湯煎すると、酵素が壊れる可能性があるため注意が必要です。また、電子レンジを使用すると、ビタミンやミネラルが破壊されてしまうのでNGです。

※1 一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集スムージーのビタミンC

粉末のスムージーを利用すると便利!

ここまで紹介してきた通り、作り置きが難しいスムージー。その都度作るのが大変であれば、粉末タイプのものを使用するという方法もあります。今はたくさんの粉末スムージーが市販されており、上手に使っている人も増えてきています。

粉末スムージーはとても簡単に使える

粉末スムージーはとても簡単に使えるのが大きなメリット。水やぬるま湯、牛乳などに溶かして飲むだけなので、作ってすぐに飲むことができますし、作り置きをしておく必要もありません。何よりミキサーがいらないので、洗い物も劇的に少なく済むというのも良い点と言えるでしょう。職場や外出先でもさっと作って飲むことができるのが嬉しいですよね。

粉末のスムージーを選ぶときのポイントとして、個包装になっているものを選ぶと良いでしょう。大きな袋に入っているものもありますが、持ち歩きのことを考えると個包装で販売されているものがおすすめです。

栄養素を効率的に摂取できる

粉末のスムージーは、野菜や果物が非常に多く入っているのも良いところ。自宅でスムージーを作る際にはあまりたくさんの食材を入れることはできませんよね。ですから、多くの栄養を効率的に摂取することができます。また、野菜や果物だけではなく、スーパーフードと言われるアサイーやチアシードを配合したものも。

コスト面を考えても、食材を自分で揃えるよりも粉末スムージーの方が安価に抑えられることが多いです。

自分の好きな味を選べる

粉末スムージーは、さまざまな味が用意されているものです。例えばバナナ味やヨーグルト味など、飲みやすいように工夫もされていますから、自分が好きな味を探すのもとても楽しいですよ。

また、水やぬるま湯で溶かすのが一般的ではありますが、豆乳やフルーツジュースで溶かしても美味しいスムージーが作れますので、さまざまなアレンジを試してみても良いでしょう。

スムージーは作ったらすぐ飲むのが基本!

スムージーの賞味期限や変色への対策、冷凍保存について説明してきましたが、スムージーは「作ったらすぐに飲む」が基本中の基本です。ですから、あまり作り置きしようと考えずにそのとき飲める分だけ作るように心がけましょう。どうしても時間がない、けれどスムージーを飲みたいというときは、粉末スムージーを上手に使って、無理なく楽しいスムージー生活を送ってくださいね。