スムージーダイエットでヤセ活をはじめよう » はじめる前に!スムージーダイエットの効果を上げる方法 » どんな食材がいいの?

どんな食材がいいの?

免疫力アップ効果を得るためにおすすめな食材

小松菜

小松菜は栄養が豊富で青臭さも少ないため、スムージー初心者にもおすすめの大変使いやすい食材です。小松菜は、高い免疫力アップ効果も有しています。冬が旬の野菜なので、風邪やインフルエンザの流行る時期に飲むと効果的ですね。

にんじん

にんじんに多く含まれるβカロチンは、体内でビタミンAへと変換されます。ビタミンAには粘膜を丈夫にして免疫力を上げる効果があります。ただし、過剰摂取による体調不良や、でんぷん質によるガスの発生なども起こりうるので、摂り過ぎには注意が必要です。

アボカド

森のバターとも称されるほど高い栄養分を持つアボカド。アボカドの脂肪分には血管の収縮を防ぎ、血液をさらさらにする効果があります。免疫力を高めるビタミンEや疲労回復に役立つカリウムも豊富なので、免疫力を高めたい場合はぜひ取り入れていきましょう。

美肌効果を得るためにおすすめな食材

トマト

トマトには、抗酸化作用を持つリコピンがたっぷり含まれています。リコピンの抗酸化作用は紫外線により生じた活性酵素を抑え、シミやしわ、そばかすを防止する効果が働きます。メラニンを作る酵素を抑える働きもあるため、美白効果も期待できます。

キウイ

高い美肌効果を有することで、最近注目を集めているキウイ。キウイにもグリーンとゴールドがありますが、ビタミンCをより多く含んでいるのはゴールドキウイです。アンチエイジング効果を有するビタミンEもゴールドキウイの方が多く含まれていますよ。

ブルーベリー

ブルーベリーの持つアントシアニンには、ビタミンCの約5倍の抗酸化作用があります。アンチエイジング効果や美肌効果を期待するなら、ぜひ摂取したいフルーツです。ブルーベリーが手に入らない場合は、ミックスベリーやラズベリー、イチゴなどでもいいですよ。

スムージーに不向きな野菜

でんぷんを多く含む野菜

じゃがいもやかぼちゃ、キャベツ、とうもろこしなど、でんぷん質を多く含む野菜は避けましょう。でんぷん質の多い野菜は、果物との相性があまり良くないので、腸の中でガスを発生させやすくなります。さらに、柑橘系の酸を含むフルーツとでんぷん質を含む野菜を合わせると、でんぷんの消化を妨げてしまうなどのデメリットもあります。消化不良を起こすと、腸の中でガスがたまってしまうので注意が必要です。

炭水化物を多く含む野菜

イモ類やオクラ、ゴボウなど、炭水化物が多く含まれている野菜は、でんぷんを多く含む野菜と同様に、腸内にガスを発生させてしまうため、スムージーには不向きです。

アルカロイドを多く含む野菜

アルカロイドとは、多くの生野菜に含まれている植物毒です。毒といっても、生野菜に含まれているアルカロイドの量は微量ですので、健康な人が食べても何の問題もありません。しかし、カイワレなどのスプラウト類の野菜には、アルカロイドが多く含まれています。スプラウト類の野菜とは、発芽したばかりの植物の新芽を意味します。これらの野菜を組み合わせたスムージーを毎日飲み続けたり、一度にたくさん食べてしまうと、アルカロイドが身体に蓄積しやすくなり身体によくないので、避けた方が良いでしょう。

 

たんぱく質を多く含む野菜

大豆やエンドウ豆、芽キャベツなど、たんぱく質を多く含む野菜は、スムージーダイエットに不向きです。たんぱく質は、身体に必要な栄養素ですので、ついついスムージーにも入れてしまいがちです。しかし、たんぱく質には、グリーンスムージーの栄養素や酵素の吸収を妨げる働きがあるので、スムージーにはあまりおすすめできません。野菜だけではなく、豆乳やヨーグルトにもたんぱく質が豊富に含まれています。スムージーの腹持ちや味を良くするために、豆乳や牛乳で作る方も多くいますが、なるべく水で作るようにしましょう。

ソラレンを多く含む野菜

ソラレンには、紫外線の吸収率を高めてしまう働きがあります。ソラレンが多く含まれている野菜は、春菊やパセリ、しそ、セロリなどが挙げられます。また、柑橘系のフルーツなどにもソラレンが多く含まれています。ソラレンが多く含まれている野菜は、夜に摂取するのであればあまり気にする必要はありません。しかし、これらの食材をスムージーにして、朝飲む場合は、少し注意が必要です。ソラレンを多く含む野菜や果物で作ったスムージーを、毎朝飲み続けていると、肌が紫外線を吸収してシミができやすくなります。もし、スムージーを飲み始めてからシミが増えたという方は、一度、スムージーの食材の内容を見直してみると良いでしょう。ソラレンが多く含まれている野菜や果物の中には、栄養価が高いものも多くあります。そのため、これらの食材を含むスムージーは、朝ではなく夜に飲んだり、紫外線がキツイ日は避けて飲むなど、工夫して取り入れるのがおすすめです。

食材と一緒に注目したい!
スムージーダイエットで摂るべき栄養素とは